[Blender 2.8]板ポリゴン1枚から螺旋状や回転体のオブジェクトが簡単に作成できる、スクリューモディファイアーの機能と使い方のご紹介

今回の記事は、『スクリューモディファイアー』について取り上げさせていただきたいと思います。

このモディファイアーは、メッシュオブジェクトの頂点を、等間隔に回転させた位置に複製することが出来ます。…この言い方だとわかりづらいですね。汗

つまりは回転体(外部リンク)のメッシュオブジェクトを作るのに適しています。

陶芸品を作る時に、「轆轤(ろくろ)を回しながら作る器」のような感じと言うと、イメージしやすいでしょうか。

ですが、それだけではなく、使い方によっては螺旋階段やバネのようなオブジェクトを作ることも出来ます。

ちなみに、この螺旋状のメッシュオブジェクトは、過去の記事で紹介させていただきました、『ワイヤーフレームモディファイアー』も一緒に使って作成しました。

Blender ワイヤーフレーム スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング 螺旋階段

※2019年12月5日 加筆修正を行いました。
※2019年12月10日 加筆修正を行いました。

追記:各種モディファイアーの機能や使い方についての記事を、他にも書かせていただいております。よろしければ併せてご覧ください。

目次

まず初めに

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング

『スクリューモディファイアー』を追加したいオブジェクトを選択しておき、[プロパティエディタ]>[モディファイアー]>[モディファイアーを追加]で出てくる一覧から、[スクリュー]を選びます。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング
メッシュオブジェクトに追加されたスクリューモディファイアー

今回サンプルに使用するのは、頂点のみで構成されるオブジェクトです。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

各設定項目について

項目名概要入力できる値
[座標軸: ] 頂点を複製する回転方向の座標軸。[X]、[Y]、[Z]の内のどれか
[スクリュー: ] 座標軸のオフセット。小数点数値
[軸オブジェクト: ]頂点を複製する回転方向の座標軸にするオブジェクト。 オブジェクト名
[オブジェクトスクリュー] 座標軸のオフセットを[軸オブジェクト: ]で指定する。
この項目は[軸オブジェクト: ]にオブジェクト名を入力した状態のみ設定可能。
チェック
[角度: ]複製する頂点を配置する円や弧の角度。数値
[ステップ数: ]頂点を複製する合計ステップ数。整数値
[レンダリングステップ数 :]レンダリング時のステップ数。整数値
[スムーズシェーディング]スムーズシェーディングで表示する。チェック
[頂点をマージ]頂点を結合する。チェック
[結合距離: ]頂点を結合する距離を入力。
この項目は[頂点をマージ]にチェックを入れた状態のみ入力可能。
0~1までの小数点数値
[順序の計算]生成されるメッシュの面の法線の方向の再計算。チェック
[反転]生成されるメッシュの面の法線方向の反転。チェック
[反復: ]スクリューを反復する回数。整数値
[ストレッチU]生成されるメッシュオブジェクトのUVマップのU(横)幅伸縮を適用する。チェック
[ストレッチV]生成されるメッシュオブジェクトのUVマップのV(縦)幅伸縮を適用する。 チェック

[座標軸: ]

頂点を均等な角度毎に複製する回転方向の座標軸を[X], [Y], [Z]から選択します。

  • X
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング X軸回転
  • Y
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング Y軸回転
  • Z
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング Z軸回転

[スクリュー: ]

座標軸の、[座標軸:](または[軸オブジェクト: ])で設定した方向へのオフセットを数値で入力します。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[軸オブジェクト: ]

入力したオブジェクトを使って、頂点を複製する基準となる位置をずらしたり、頂点を複製する座標軸を設定できます。

『エンプティ』オブジェクトを使って、移動([G])や、回転([R])操作をしてみました。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング

[オブジェクトスクリュー]

[スクリュー: ]の項目の代わりに、座標軸のオフセットを、[軸オブジェクト: ]に指定されているオブジェクトを使って設定することが出来るようになります。

この項目は、[軸オブジェクト: ]にオブジェクトを設定して、初めて設定可能になる。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass
[オブジェクトスクリュー]チェックありの場合、[座標軸:]方向への移動もオフセットとして反映されるようになる

Note: [座標軸: ]と[軸オブジェクト: ]の回転軸設定の違いと使い分け

ということで、基本的には[座標軸: ]で3軸から方向を決め、もっと方向を微調整したい場合のみ、[軸オブジェクト: ]で、座標軸を3軸方向以外の細かい角度で設定というのが、お勧めです。

[角度: ]

複製する頂点を配置する円や弧の角度。 この時の角度は、[ステップ数: ]で入力したステップの全体で構成する角度で、1ステップ毎の角度ではありません。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング

[ステップ数: ]

頂点を複製する合計のステップ数を入力します。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[レンダリングステップ数: ]

レンダリング時に表示するメッシュオブジェクトのステップ数を入力します。

下の画像では、3Dビューポート上に表示される方のステップ数は”16″、レンダリングされる方は”4″と設定しました。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[スムーズシェーディング]

この項目にチェックを入れると、表示されるメッシュオブジェクトを、スムーズシェーディング(滑らか)で表示できます。チェックを外すとフラットシェーディング(カクカク)で表示されます。

  • チェック有り
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass
  • チェック無し
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[頂点をマージ]

この項目をチェックすると、[結合距離:]で指定した距離内の頂点を結合します。

[結合距離: ]

入力値分の距離内の頂点を結合します。

この項目は、[頂点をマージ]にチェックを入れて初めて入力可能になります。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

おまけ:[頂点をマージ]のすゝめ –私の失敗談

ちなみに、今回のサンプルのような、頂点がオブジェクトの中心にあり、中心に穴が開くように広がるようなモデルではない場合には、この項目にチェックを入れておくことをお勧めします。

ただ複製しただけだと、[ステップ数: ]で入力した分の頂点が、モディファイアー適用後、1つに結合されずにそのまま残ってしまうので、それが原因で動作が重くなったりします…orz(グラスを作った時の失敗談)。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass
1つの頂点に見えるが、実際は、ステップ数分の頂点が重なっている

[順序の計算]

この項目にチェックを入れると、適用後、複製された頂点によって作成される面の、法線(Normal)の方向の再計算が行われます。

面の向きを[ビューポートオーバーレイ]横の[ v ]ボタンを押し、[面の向き]の項目にチェックを入れて、視覚化しました。

Blender オーバーレイを表示 面の向き
[ビューポートオーバーレイ]>[面の向き]

青が表向き、赤が裏向きになっています。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

このバラバラな面の向きを揃えてくれます。

今回は、裏側でそろえていただきました笑

ですが、そういった場合は、[反転]を合わせて使えば面の向きの反転が行えます。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[反転]

この項目にチェックを入れると、適用後、複製された頂点によって作成される面の、法線(Normal)の方向を反転します。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[反復: ]

この項目に入力した数値分、スクリューを反復します。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass

[ストレッチU]、[ストレッチV]

この項目は、その名の通り、モディファイアー適用後に生成されるメッシュオブジェクトのUVマップの伸縮に影響します。

  • [ストレッチU] ……生成されるメッシュオブジェクトのUVマップの横方向の幅を、UVマップの横幅ピッタリになるように伸縮します。
  • [ストレッチV] ……生成されるメッシュオブジェクトのUVマップの縦方向の幅を、UVマップの縦幅ピッタリになるように伸縮します。

[ストレッチU]、[ストレッチV] チェックなし 

比較のためのデフォルト状態です。今回のサンプルは、横(U)方向はピッタリだったのですが、縦(V)方向は伸びてしまいました。

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass uvマップ

[ストレッチU]、[ストレッチV] チェックあり 

[ストレッチU]、[ストレッチV]両方にチェックを入れました。こちらは、ちゃんとUVマップテクスチャの縦横ピッタリに伸縮されました!

Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング
Blender スクリュー モディファイアー 3DCG モデリング グラス glass uvマップ

『スクリューモディファイアー』よりは、自由度が低く、螺旋状のオブジェクトは作れませんが、回転体を手軽に作るのに適したツールです。別記事で詳しく書かせていただきましたので、よろしければ併せてご覧ください。

モディファイアー関連の記事のご紹介

この記事の他にも、Blenderの様々なモディファイアーについて、機能や使い方を私自身も試しながらではありますが、ご紹介させていただいております。よろしければ、こちらも併せてご覧ください。

参考にさせていただいたサイト・ページ一覧

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください