[Blender 2.9] 『テクスチャ』を使ってボリュームオブジェクトを変形するのに便利な、ボリューム変形モディファイアーの機能と使い方のご紹介

今回の記事は、Blenderの『ボリューム変形モディファイアー』についてです。

『ボリューム変形モディファイアー』は、3Dテクスチャに基づいて既存のボリュームグリッドを変位させます。テクスチャのRGBカラーチャンネルを使用して、ボリュームをX、Y、Z方向に移動します。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『ボリューム変形モディファイアー』の使用例

ちなみに、今回のモディファイアーのメッシュ版で『ディスプレイスモディファイアー』というものがあります。ご興味湧かれた方は参考までに下記記事をご覧ください。

※2021年1月21日 加筆修正を行いました。

目次

まず最初に

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング

『ボリューム変形モディファイアー』を追加したいボリュームオブジェクトを選択しておき、[プロパティエディタ]>[モディファイアー]>[モディファイアーを追加]ボタンをクリックすると表示される一覧から、[ボリューム変形]という項目を選びます。

追加されると↓のように表示されます。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング

基本的な使い方

このモディファイアーは、『メッシュのボリューム化モディファイアー』と併用するのが基本となるかと思います。

ちなみに、『メッシュのボリューム化モディファイアー』について、詳しくは下記記事をご覧ください。

  1. まず、ボリュームの元の形状となる適当なメッシュオブジェクトを[追加]([Shift]+[A])>[メッシュ]から選んで追加します。今回は[立方体]にしました。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング
[追加]([Shift]+[A])>[メッシュ]>[立方体]
  1. [追加]([Shift]+[A])>[ボリューム]>[エンプティ]を選択し、3Dビューポート上にボリュームオブジェクトを追加します。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング
[追加]([Shift]+[A])>[ボリューム]>[エンプティ]
  1. ボリュームオブジェクトに、『メッシュのボリューム化モディファイアー』を追加し、[オブジェクト]に先ほど追加した立方体メッシュを設定します。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『メッシュのボリューム化モディファイアー』を追加
  1. 『ボリューム変形モディファイアー』を追加します。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『ボリューム変形モディファイアー』を追加
  1. [新規]ボタンから、新規テクスチャを作成します。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
新規テクスチャを作成
  1. [テクスチャプロパティ]に移り、[テクスチャ]の設定をします。今回使う[タイプ]は[クラウド]にしました。ボリュームオブジェクトが変形していたら成功です。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[テクスチャプロパティ]で作成したテクスチャの[タイプ]を[クラウド]に設定

[ボリューム変形]の詳細設定項目一覧

[テクスチャ(Texture)]

全てのボクセルで評価され、移動する距離と方向を決定するテクスチャ。

グレースケールテクスチャは、1つの方向に沿ったストレッチにつながります。カラーテクスチャを使用するのが最善です。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[カラー]テクスチャと[グレースケール]テクスチャの違い

[Texture Mapping]

テクスチャマッピングする際に使用する座標系を選択します。

  • [ローカル(Local)] …テクスチャ座標にローカル座標系を使用します。

実際に試してみたのですが、[ローカル]で移動や回転、拡縮といった操作で、テクスチャマッピングが出来ました。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[ローカル]を選択して、移動、回転、拡縮
  • [グローバル(Global)] …テクスチャ座標にグローバル座標系を使用します。

[グローバル]は、移動や回転、拡縮で、テクスチャマッピングの操作は出来ないようですので、この[グローバル]は使用しない方が良いかと思われます。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[グローバル]を選択して、移動、回転、拡縮
  • [オブジェクト(Object)] …テクスチャ座標にリンクしたオブジェクトのローカル座標系を使用します。

[オブジェクト]を選択した場合、すぐ下に表示される[オブジェクト]で他のオブジェクトを設定出来ますので、そこで設定したオブジェクトを使ってマッピングします。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[オブジェクト]を選択した場合に表示される[オブジェクト]に、リンクさせるオブジェクトを設定出来る

[オブジェクト]も移動や回転、スケール変更で、テクスチャマッピングが可能なようでした。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[オブジェクト]を選択して、移動、回転、拡縮

[強さ(Strength)]

ボクセルがどれだけ変位するかを制御します。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[強さ]

[Sample Radius]

値を小さくすると、パフォーマンスは向上しますが、外部のボリュームが途切れる可能性があります。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[Sample Radius]

[Mid Level X]、[Y]、[Z]

テクスチャがボリューム全体を一方向にオフセットし、再度中央に配置する場合は、これを変更する必要があります。パフォーマンス上の理由から、移動したボリュームは元の位置に近いままにする必要があります。

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[Mid Level X]、[Y]、[Z]

おまけ: 作ってみたもの

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化 雲

恐らくこのモディファイアーを使うならコレでしょうという事で、雲を作ってみました。

  1. まずは、大本の形状をメッシュオブジェクトから作ります。ざっくり形を作りました。
Blender メッシュオブジェクト 編集モード 3DCG モデリング
ざっくりと形を作ったメッシュオブジェクト
  1. 一回だけ『サブディビジョンサーフェスモディファイアー』で細分化します。
Blender メッシュオブジェクト 編集モード 3DCG モデリング
『サブディビジョンサーフェスモディファイアー』で細分化したメッシュオブジェクト

ちなみに、『サブディビジョンサーフェスモディファイアー』について、詳しくは下記記事をご覧ください。

  1. ボリュームオブジェクトを追加して、『メッシュのボリューム化モディファイアー』でメッシュオブジェクトから形状を読み取ってボリュームオブジェクトに反映させます。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
ボリュームを追加、『メッシュのボリューム化モディファイアー』でメッシュから形状読み取り
  1. ボリュームオブジェクトに更に『ボリューム変形モディファイアー』を追加し、テクスチャで変形させます。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『ボリューム変形モディファイアー』を追加(1個目)
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[テクスチャプロパティ]での設定(1個目)
  1. 更に『ボリューム変形モディファイアー』を追加し、テクスチャで変形させます。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『ボリューム変形モディファイアー』を追加(2個目)
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[テクスチャプロパティ]での設定(2個目)
  1. 更に更に『ボリューム変形モディファイアー』を追加し、テクスチャで変形させます。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
『ボリューム変形モディファイアー』を追加(3個目)

Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化
[テクスチャプロパティ]での設定(3個目)
  1. 次にマテリアルを決めます。下記の様に[シェーダーエディター]でノードを組みました。
Blender ボリューム マテリアル シェーダーエディター 3DCG ノード
ボリュームオブジェクトのマテリアルの設定
  1. ライトを追加し、真上から照射されるように調整します。ライトの[強さ]は”10.0″に設定しました。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化 ライト
ライトを追加、ボリュームの真上から照射するように設置
  1. ワールドのマテリアルを[シェーダーエディター]上で下記の様に調整しました。
Blender シェーダーエディター ワールド マテリアル 3DCG 青空
背景用の[ワールド]のマテリアルの設定
  1. 後は[レンダーエンジン]を[Cycles]でレンダリングすれば完成です。
Blender ボリューム変形 モディファイアー 3DCG モデリング メッシュのボリューム化 雲
完成

参考にさせて頂いたサイト・ページ一覧

モディファイアー関連の記事のご紹介

この記事の他にも、Blenderの様々なモディファイアーについて、機能や使い方を私自身も試しながらではありますが、ご紹介させていただいております。よろしければ、こちらも併せてご覧ください。

生成

Blenderに関する記事や作品をまとめたページ作りました!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください