ジャンル雑多なゲーム・ゲーム制作関連の色々な情報を取り扱っているブログ。最近はBlenderについてが中心。
[Blender 2.9] エフェクター [流体シミュレーション]

[Blender 2.9] エフェクター [流体シミュレーション]

[Blender 2.9] 流体シミュレーション 『エフェクター』タイプの機能と使い方のご紹介

今回の記事は、Blenderでの『流体シミュレーション』の[エフェクター]タイプの設定についてです。

『流体シミュレーション』の基本的な使い方や、どんな機能があるのかをざっくりとまとめたページもありますので、そもそもの『流体シミュレーション』についてという基本的な所を知りたい方には、下記記事から御覧になることをおススメします。

ちなみに「エフェクター」とは「効果器」という意味です(これは「エフェクター」のままの方が分かりやすいかも)。

effectorとは

効果器、エフェクター、実行分子、奏効器、作動体

引用元: effectorの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

エフェクターオブジェクトは、流体を変更させ、流体の流れに影響を与えるために使用されます。所謂「障害物」、または「流体の動作のガイド」として機能します。

例えば、下記のGifでの赤丸で囲っている部分や、そもそもの土台として使っている砂浜部分がエフェクターオブジェクトです。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
『エフェクター』オブジェクトの例

※2021年1月8日 加筆修正を行いました。

目次

エフェクターオブジェクトの作成方法

メッシュオブジェクトをエフェクタオブジェクトとして定義するには、

  1. 適当なメッシュオブジェクトを用意します。(ドメインオブジェクトと違って、Cube以外のメッシュオブジェクトでも構いません。)
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
エフェクターオブジェクト用の変形させたICO球を3Dビューポート上のドメインオブジェクト内に設置
  1. [プロパティエディター]>[物理演算プロパティ]で[流体]ボタンをクリックして、[流体]物理演算を追加し、流体の[タイプ]として[エフェクター]を選択します。
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[プロパティエディター]>[物理演算プロパティ]>[流体]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[流体]>[タイプ]で[エフェクター]を選択

これで、エフェクターオブジェクトが作成されました。

[設定(Settings)]

[エフェクタータイプ(Effector Type)]

  • [コリジョン(Collision)] …このタイプのオブジェクトは流体と衝突します。
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[コリジョン]
  • [ガイド(Guide)] …このタイプのオブジェクトの速度は、ガイドをベイク処理する時に使用されます。したがって、流体ガイドオブジェクトは移動し、ある程度の速度を持つ必要があります。ドメインの[ガイド]の項もご参照ください。
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[ガイド]

[サンプリングサブステップ(Sampling Substeps)]

高速に移動するエフェクターオブジェクトの品質を改善するため、フレーム間で取得する追加のサンプル数。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[サンプリングサブステップ: 0]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[サンプリングサブステップ: 8]

似たような事が出来る機能もドメインの方で存在します。ドメインの[最大タイムステップ]、[最小]の項もご参照ください。

[表面の厚さ(Surface Thickness)]

エフェクターと見なされるエフェクター周辺の追加領域。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[表面の厚さ: 0]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[表面の厚さ: 10]

[エフェクターを使用(Use Effector)]

流体に対するエフェクターオブジェクトの効果を有効または無効にします。このプロパティは、エフェクターが流体に影響を与えるときにアニメーションを選択的に有効または無効にする場合に役立ちます。

項目の横の点をクリックすると、キーフレームを打つことが出来ます。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[エフェクターを使用]でキーフレームを打つ

フレーム”40″より前は[エフェクターを使用]を無効、フレーム”40″からは[エフェクターを使用]を有効にしてアニメーションさせてみました。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[エフェクターを使用]を、0~39は無効、40~100は有効

[平面(Is Planar)]

エフェクターを単一次元オブジェクト、つまり平面またはメッシュが非多様体として定義します。これにより、流体シミュレータがこれらのタイプのメッシュに対して最も正確な結果を提供する事が保証されます。

多様体メッシュは平面として宣言する事も出来ます。流体ソルバーはメッシュ内のボリュームを無視し、メッシュの側面から流体を放出します。

例えば、エフェクターオブジェクトとして平面メッシュを、[平面]を無効にした状態で使った場合、以下のようにシミュレーションに一切影響を与えられません。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[平面]チェック無し

ですが、[平面]を有効にしますと以下の様に、影響が出るようになります。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[平面]チェック有り

[速度係数(Velocity Factor)]

[エフェクタータイプ]が[ガイド]の場合のみ表示される項目。

ガイドオブジェクトの速度にこの係数を掛けます。これは、複数のガイドオブジェクトを操作する時に役立ち、それらの一部はより高いまたはより小さな速度を持つ必要があります。

ちなみに、使用する全てのガイドオブジェクトの速度の係数を一律で設定する場合には、ドメインの[ガイド]>[速度係数]から行えます。

Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[速度係数: 1]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[速度係数: 5]

[ガイドモード(Guide Mode)]

[エフェクタータイプ]が[ガイド]の場合のみ表示される項目。

このモードは、ガイド速度をドメインのグローバルガイド速度フィールドに書き込む方法を記述します。

  • [最大化(Maximize)] …ガイドオブジェクトは、グローバル速度フィールドの既存の速度をそれ自体の速度と比較します。その絶対値が速度フィールドの絶対値よりも大きい場合、ガイド速度が維持されます。
  • [最小化(Minimize)] …ガイドオブジェクトは、グローバル速度フィールドの既存の速度をそれ自体の速度と比較します。その絶対値が速度フィールドの絶対位置よりも小さい場合、ガイド速度が維持されます。
  • [オーバーライド(Override)] …最も直感的なオプション。ガイドオブジェクトは、常に自身の現在の速度をグローバルガイド速度フィールドに書き込みます。前のフレームまたはガイドオブジェクトの速度フィールドの値は上書きされます。
  • [平均(Averaged)] …ガイドオブジェクトは、それ自体の現在の速度とそのセルでの既存のガイド速度の平均をグローバルガイド速度フィールドに書き込みます。
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[最大化]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[最小化]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[オーバーライド]
Blender 流体 物理シミュレーション エフェクター 3DCG
[平均]

参考にさせて頂いたサイト・ページ一覧

お借りした素材一覧

Blenderに関する記事や作品をまとめたページ作りました!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください