[Blender 2.8] パーティクルシステム [ヘアー形状]パネルの機能と使い方のご紹介

今回の記事は、Blenderでの『パーティクルシステム』の[ヘアー形状]パネルの設定についてです。

また、『パーティクル』の基本的な事や基本操作、どんな機能があるのかをざっくりとまとめたページもありますので、そもそもの『パーティクル』についてという基本的な所を知りたい方には、下記記事から御覧になることをおススメします。

※2020年7月13日 タイトルを変更しました。
※2020年7月19日 加筆修正を行いました。

目次

[ヘアー形状(Hair Shape)]

レンダリング用のヘアーカーブの形状を制御します。

memo: 『Eevee』でレンダリングする時の設定

実はこの[ヘアー形状]、レンダーエンジンが『Cycles』である場合は、デフォルトの設定のままでレンダリング出来るのですが、『Eevee』の場合は、レンダリングに反映するのに一手間必要です。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG トゲ 棘 cycles
[レンダーエンジン: Cycles]
Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG eevee
[レンダーエンジン: eevee]

[レンダープロパティ]に[ヘアー]というパネルがあるのですが、この[ヘアー形状のタイプ(Hair Shape Type)]というのがデフォルトでは[ストランド(Strand)]となっています。

このままだと、[ヘアー形状]の設定がレンダリング時に反映されません。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG eevee
[ヘアーの形状タイプ: ストランド]

これを[ストリップ(Strip)]に変更すると、レンダリング時に[ヘアー形状]の設定が反映されるようになります。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG トゲ 棘 eevee
[ヘアーの形状タイプ: ストリップ]

[ストランド形状(Strand Shape)]

根元と先端の間の厚みの変化を制御する形状パラメータ。負の値の場合、プリミティブをより上に丸め、”0″の場合、プリミティブを線形(リニア)にし、正の値の場合、プリミティブをより下に丸めます。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG
[ストランド形状]

[根元の直径(Diameter Root)]

根元の直径。

[先端(Tip)]

先端の直径。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG
[根元の直径]、[先端]

[範囲の大きさ(Radius Scale)]

根元と先端の値の乗数。ヘアーの太さを変更するために使用できます。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG
[範囲の大きさ]

[先端を閉じる(Close Tip)]

先端の半径を”0″にします。

Blender パーティクルシステム ヘアー 3DCG
[先端を閉じる]

参考にさせて頂いたサイト・ページ一覧

パーティクルについてのまとめ記事のご紹介

Blenderに関する記事や作品をまとめたページ作りました!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください