Unreal Engine 4でオパールっぽいマテリアル作ってみた話 —UE4活動と時々C, C++学習ノート-4日目-

Unreal Engin4すごい!(語彙力)ってなったので、少しいじりつつ、むかーしかじった事あるC,C++の基礎学びなおしを終え、UE4で色々やってる学習ノート。C, C++再学習編もあります。よろしければどうぞご覧ください

オパールっぽい感じのマテリアルを作成してみた

UnrealEngine4 マテリアル オパール

例のごとく↓でマテリアルについて勉強させていただいているわけですが、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Unreal Engine 4 マテリアルデザイン入門 第2版 [ 茄子 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)


ふと、「ノーマルマップを複数組み合わせればラピスラズリっぽくならないかな?」と思いついたので、ちょっと組み合わせて勉強の片手間に作ってみました(ら、結果的にはオパール寄りなマテリアルになりました)ので、作り方書いてみます。

※UE4のちょっと古いバージョン(4.17.2)で作っています。

↓が今回作成したマテリアルエディタのスクリーンショットです。

UnrealEngine4 ラピスラズリ マテリアル マテリアルエディタ スクリーンショット

(左の孤立している意味不明な2Vectorの定数ノードはうっかりして消し忘れたものですorz)

まず使っているテクスチャは3つ。

  • T_CobbleStone_Rough_N
  • T_Detail_Rocky_N
  • T_CobbleStone_Smooth_M

全部UE4の標準の「スターターコンテンツ」に入っているものです。

それを「Appendノード」で”Rチャンネル”のものだけを抽出・結合して、”ベースカラー”につないでるんですが、その前に、一番左にある、「TextureCoordinateノード」でテクスチャのタイリング値を調節しています。今回は、”UTiling値”を”1.0″、”VTiling値”を”1.5″としてみました。

UnrealEngine4 TextureCoordinateノード 詳細パネルの内容 マテリアルエディタ トパーズマテリアル制作過程

後はテカらせるために、”ラフネス”に値を”0″に設定した「Constantノード(定数ノード)」をつなげるだけです。

便利なショートカットキー

UnrealEngine4 ショートカットキー パス 移し替え ビジュアルスクリプティング ノード

Ctrl + 左ボタン押しながらのドラッグ」で、繋いである全部のパスの移し替えができるみたいで、便利だと思ったのでメモ的に書いときます。

あとがき

ご意見・ご感想・ご質問、また、ここ間違ってるよとか、もっといい方法あるよといったご指摘などございましたら、お手数ですがコメント欄やtwitterアカウントほろほろり(@_horo_horori)へお願いしますm(_ _)m

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください